NFDの公認教室ホームページ「詳細情報」に載せる写真について

今月(9月)からNFDのホームページがリニューアルされまし

た。それにともない、公認教室の「詳細情報」の変更を求め

られています。「詳細」を載せる各公認教室のページは、

数枚の画像の枠と説明文章。教室の案内、受講料、花代

受講スケジュール等の記載などです。

<上記の2つの画像の説明>

 この2枚の写真は、199610月号に載ったアレンジ

ブライダルブーケです。マルシェ・ドゥ・フル

ールフラワーデザイン教室の主宰者として、自信

をもってスタートする契機になったと思います

。審査員は、内山ユリ、池田孝二(故人)、レン・

オークメード、グンダーセンなどでした。

<月刊フローリス10月号(1996年10月号)の記事)>

以下、当時のフローリスト誌の文章

『四国の徳島県鳴門市のホテル、ルネッサン

ス リゾートナルトにて715日~18日、第9

回フラワーシップ全国大会が行われ、第8

「フラワーシップ大賞(グランプリ)」争奪

全国選抜技術選手権が同時に開催されまし

た。大会初日の15日に全国13ブロック代表

32名と特別技術研究会推薦選手9名の合計

41名によって、予選(「ロマンティック

をテーマにシュトラウスとアレンジメン

ト制作及びデッサン)が行われ、準決勝

進出16名が選出されました。翌16日に

は、過去の「フラワーシップ大賞」受賞

4名がシード選手として加わり、合計

20名で準決勝(ヴァカンス イン ルネッサ

ンス)をテーマにルネッサンス リゾート

 ナルト内でディスプレー装飾競技)が

行われ、決勝進出の10名が決定されまし

た。決勝は17日、「ロマンティック」を

テーマにしたコラージュ、ブライダル

ブーケ&ヘアーオーナメント制作、及

びブライダルショーにおけるパフォー

マンスで審査され、各賞が決定され

ました。』

決勝の<ディスプレー装飾競技>いわゆる大型アレンジ

メントの1位が上記の作品で、総合の2(フラワーシ

ップデザイン賞)を獲得しました。エピソードでいえば、

シップの九州ブロックでは、生け花の小原流の機関誌

「挿花」を探し出し、池田氏の「ロマンティック」の

規定なども参考にしたものでした。バブルの崩壊以降

も、まだ花屋さんも元気な時代でした。